無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
FC2ブログ
気になることをレビューしちゃうブログ
なんか自分の気になった色々なことなどをレニューしたりしてます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/03/26(水)   CATEGORY: 家のこと
虫が・・・
なんか知らんが部屋に大量の虫が・・・
ちょっといろいろいやになる。
掃除してだしたけどさ・・・
なんかいやになってきたわ。

うう。


ほんと、こまめに掃除しないと。
改めてその必要性を考える本日です・・・
スポンサーサイト
DATE: 2014/03/17(月)   CATEGORY: 住宅
パナソニック独自の住宅工法「テクノストラクチャー工法」
パナソニック
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社の関係会社であるパナソニックESテクノストラクチャー株式会社は、パナソニック独自の住宅工法「テクノストラクチャー工法」を用いた、建築士を対象にした第一回「住宅設計コンペティション」を開催します。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140317/prl14031718580110-n1.htm


暇だしニュースを見てたらこんなの見つけたわ。
なんか変な工法があるんだな~
とちょっと気になったので見てました。


テクノストラクチャー工法
木プラス鉄で建てる第三の工法


新しい新世代の住居のあれかな。
ちょっと気になる・・・・
でもこういうのってどの程度の強度なのだろう?
と不安にもなる私。

まあ木のみよりは丈夫で。
鉄のみよりは柔軟。

そういうことかな?
何て予想してみたり。したり。

そんな本日。
わりとどうでもいいことだけどね。
というかかなりどうでもいいことだけど。
DATE: 2014/03/12(水)   CATEGORY: 未分類
早いもんだ
昨日でもう3年目か・・・
なんだか早いねぇ。
改めて色々考えてますわ。

復興支援プロジェクト『きっかけバス』
2992_top.jpg

詳細はこちら
http://reviewblogs.blog.fc2.com/blog-entry-22.html


こういうのがどんどんうまれるといいんだがな・・・
まだまだ終わってないんだから。
たった三年なんだから・・・・
DATE: 2014/03/06(木)   CATEGORY: 不動産
高層マンション防災本、さいたま市が無料配布
 東日本大震災を教訓に、さいたま市は、高層マンション特有の長い大きな揺れやエレベーターの故障、給水の停止などに備える「防災ガイドブック」を作成した。

 首都圏のベッドタウンとして高層マンションが増え、危機管理や減災への対策が急務となっていた。マンション管理組合を対象とする防災セミナーなどで活用し、「自主防災組織」の設立も呼びかけていく。

市内に330棟

 市の調査によると、市内の11階建て(31メートル)以上の高層マンションは昨年6月現在で330棟。25年前の10倍以上はあるとみられる。今後も増加が予想され、市防災課は「高層マンション特有の被害に対する備えをする必要がある」と防災ガイドブック(A4判、20ページ)を初めて作成、15万部を無料配布している。

 東日本大震災で注目された「長周期地震動」は大地震で発生するゆっくりとした長い揺れで、高層マンションなどは共振して大きく揺れる。ガイドブックでは長周期地震動による危険性、家具の転倒や収納物の落下を防ぐ工夫などをイラスト入りで掲載している。

「在宅避難」も

 多くのマンションが被災した仙台市を例に、エレベーターの故障、貯水槽や排水管の損壊、断水や停電、ガスの停止などが起こり、高層階の住民が「高層難民」となる可能性も指摘。7日分以上の食料や水の備蓄、ラジオや電灯、簡易トイレを準備することなどを呼びかけている。市防災課は「建物自体は比較的強いので、安全を確保できれば『在宅避難』も意識してほしい」としている。

自主防災組織

 体の不自由な人を運ぶための「非常用階段避難車」を高層階に設置したり、炊き出し訓練をしたりしている市内マンションの「自主防災組織」も紹介。285戸が入居し、給水装置や寒さ対策用の暖房器具などを備えている同市見沼区の「シャルマンコーポ大宮七里」自主防災組織の中心メンバー中村恵治さん(69)は「高齢者が高齢者を助けなくてはならない時代で、自助と共助の思い、災害はいつでも起こりうるという意識を持つべきだ」と語る。

 市は新年度以降、マンションの管理組合を対象としたセミナーを開催する予定。問い合わせは同課(048・829・1126)。

(2014年3月5日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20140305-OYT8T00302.htm?from=os4


というわけでなんか便利そうな防災本が世に出ているらしいわ。
かなり気になったので紹介。

こういうのって後になってやるよりも今やっておくべきだよね~
と私は思う。

災害があってからじゃ、遅い。
ほんとにね・・・
Copyright © 気になることをレビューしちゃうブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。